マニア10

マニア10は映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューブログです。新作映画や最新の海外ドラマ、また過去の名作などもどんどん取り上げていきます。

【映画】おすすめ「ショーシャンクの空に」のトリビア・あらすじ・キャストなど徹底解説

【映画】おすすめ「ショーシャンクの空に」のトリビア・あらすじ・キャストなど徹底解説

1994年に公開され第67回アカデミー賞で7部門にノミネートされたティム・ロビンスモーガン・フリーマン出演の名作「ショーシャンクの空に」

【映画】泣ける感動名作のおすすめ映画人気ランキング10選でもご紹介している作品ですが、今回はもう少し掘り下げて、あらすじやキャスト、おすすめしたいポイントやトリビアなど、その概要をご紹介したいと思います。

※なるべくネタバレ回避していますが、あらすじや解説で少しだけ内容に触れている部分もあります。

↓定額動画配信サービスは利用していますか?

www.mania10.net

「ショーシャンクの空に」のトリビア・あらすじ・キャストなど徹底解説

① ショーシャンクの空にのあらすじ

1947年、若くして銀行副頭取を務めるアンドリュー・デュフレーン (アンディ)は、妻とその愛人を射殺した罪に問われ、無実を訴えるも終身刑の判決が下り、劣悪なショーシャンク刑務所への服役が決まる。

ショーシャンクでは、長年服役する「調達屋」ことエリス・ボイド・レディング(レッド)が、もう何度目かとなる仮釈放の審査を受け、更生したことを訴えるがやはり却下される。

レッドが落胆し部屋を出ると、アンディを含む新しい受刑者達が護送されて来る。アンディら新入り達はノートン所長とハドリー主任刑務官から脅しを含めたショーシャンク刑務所の紹介をされ、その晩に取り乱した一人の新人受刑者がハドリーから過剰暴力を受けて死んでしまう。

ショーシャンクの空に [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ショーシャンクの空に [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

② キャスト

ショーシャンクの空に1

アンドリュー・"アンディ"・デュフレーン / ティム・ロビンス

エリス・ボイド・"レッド"・レディング / モーガン・フリーマン

サミュエル・ノートン(刑務所長) / ボブ・ガントン

ヘイウッド / ウィリアム・サドラー

バイロン・ハドリー(主任刑務官) / クランシー・ブラウン

トミー・ウィリアムズ / ギル・ベローズ

ボッグズ・ダイアモンド / マーク・ロルストン

ブルックス・ヘイトレン / ジェームズ・ホイットモア

③ モーガン・フリーマンの語り部

ショーシャンクの空に2

モーガン・フリーマンが刑務所の調達屋のレッド役を演じていますが、彼が冤罪になった主人公アンディの物語を語ります。彼の深い声が活かされたナレーションがとってもいい味を出しているのもこの作品の魅力です。

④ ハラハラドキドキの脱出劇

冤罪になったアンディのあの手この手を使った脱出劇は見ものです。元銀行員ということもあり、かなり頭がキレる彼。勇気と知恵で様々な困難に乗り越えていく姿は感動します。

⑤ 言わずと知られた名作

ショーシャンクの空に3

公開された当時は興行的に成功したとは言えなかったようですが、原作者や出演者も名だたっていることもあり、批評家の間で高評価を得て評判になりました。じわじわと話題を呼ぶようになり、20年以上たった今でも映画ファンに愛されています。

⑥ 原作者はスティーブン・ホーキンス

ホラー映画で名を轟かせるスティーブン・ホーキンスが原作を手がけています。それもそのはず、サスペンス要素もありドキドキさせられる映画になっています!

しかし彼は映画化権を売ったのにも関わらず報酬を受け取っていないんだとか。

⑦ スカッとするラスト

アンディが自殺を装い脱出し、ノーマン所長の不正を暴き出し彼が溜めていた裏金を引き落とすという気持ちいくらいのどんてん返し!伏線もいくつかあり、最後スカッとする感覚がたまりません。終盤の雷雨のシーンは心に残ること間違いなしです。

⑧ 海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は67件のレビューに基づく91%もの前向きなレビューで、平均は8.18 / 10と非常に高評価。

Metacriticでは20件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中80点とこちらも高評価。

アメリカ映画研究所(American Film Institute)では1998年にリスト100に選出されるほどの作品です。

⑨ ショーシャンクの空にのトリビア

レッドが球を投げている刑務所の庭でアンディとレッドが接触を開始するまでに9時間かかりましたが、モルガン・フリーマンは苦情の言葉もなく9時間の間球を投げ続け、翌日左腕にスリングをまいて現場に現れたそうです。まさしくプロ根性。

またトミー役は当初、ブラッド・ピットにオファーする予定だったそうで、スケジュールが合わなかったためギル・ベローズが起用されましたが、スケジュールが合っていれば翌1995年公開の「セブン」の前に2人は共演していたかもしれません。

⑩ 個人的な感想

20年以上前の作品ですが、未だに観たくなる数少ない映画。しかも見てるこちら側が年齢を重ねるほどに理解できる部分が少しずつあって、この先もまた見続けるであろう作品でもあります。

まとめ

「ショーシャンクの空に」について色々まとめてみました。世代を超えて楽しめる感動作だと思いますので、1度は観てほしい映画です。

Huluで観られる様なので、気になった方は是非観て頂きたいです。

ショーシャンクの空に [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ショーシャンクの空に [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]