マニア10

マニア10は映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューを行っています。新作映画や最新の海外ドラマ、また過去の名作などもどんどん取り上げていきます。基本的に雑記ブログです。

【映画】「ウォールフラワー」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】「ウォールフラワー」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

アメリカの作家スティーブン・チョボスキーによるジュブナイル小説を原作として日本では2013年に公開された青春映画「ウォールフラワー」

ローガン・ラーマンエマ・ワトソンに加えエズラ・ミラーポール・ラッドらが出演し大ヒットした原作の映画化で非常に評価の高い作品でもあります。

ご存知の方も多いとは思いますが今回は「ウォールフラワー」のあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントなど、その概要をご紹介したいと思います。

※なるべくネタバレ回避していますが、あらすじや解説で少しだけ内容に触れている部分もあります。

↓定額動画配信サービスは利用していますか?

www.mania10.net

「ウォールフラワー」のトリビア・あらすじ・キャストなど徹底解説

① ウォールフラワーのあらすじ

www.youtube.com

1991年、小説家志望のシャイで物静かな高校生チャーリーは、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリックとサム兄妹との出会いによってすっかり様変わりする。チャーリーは初めて知る友情の素晴らしさや、初恋の胸のときめきに有頂天になっていたが。

ウォールフラワー スペシャル・プライス [Blu-ray]

ウォールフラワー スペシャル・プライス [Blu-ray]

② キャスト

ウォールフラワー1

チャーリー / ローガン・ラーマン

サム / エマ・ワトソン

パトリック(サムの義理の兄) / エズラ・ミラー

メアリー・エリザベス / メイ・ホイットマン

アンダーソン先生 / ポール・ラッド

キャンディス(チャーリーの姉) / ニーナ・ドブレフ

ブラッド / ジョニー・シモンズ

アリス / エリン・ウィルヘルミ

チャーリーの母親 / ケイト・ウォルシュ

チャーリーの父親 / ディラン・マクダーモット

ヘレン叔母さん / メラニー・リンスキー

バートン医師 / ジョーン・キューザック

③ 若手名俳優女優揃い

メインの3人を務めるのは「パーシー・ジャクソン」ローガン・ラーマン「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン「ファンタスティック・ビースト」エズラ・ミラーです。

いま現在旬な俳優女優を先取りしたようなキャストになっています。

④ ベストセラーを映画化

原作は「ライ麦畑でつかまえて」の再来とも言われたベストセラー青春小説です。

珍しく原作者のスティーブン・チョボウスキー自ら映画化したものになっています。

ウォールフラワー (集英社文庫)

ウォールフラワー (集英社文庫)

⑤ アメリカのスクールカースト

日本以上に「グループ」が重視されるアメリカの厳しいスクールカーストの中で、同性愛やいじめ、虐待などのテーマも組み込まれており、青春ならではのピリピリ感も描かれています。

⑥ 軽快な80年代サウンド

舞台は90年代前半。カセットテープを交換するようなノスタルジックなシーンも出てきます。

またデヴィット・ボウイなどの80年代を代表するサウンドが映像にマッチして当時の雰囲気を感じられるようになっています。

どこか懐かしいノスタルジーに浸れるのもこの作品の魅力です。

⑦ プライベートでも仲の良い主演3人

ウォールフラワー2

役を超えて意気投合し仲が良くなった彼らは、バンドを組んで一緒に楽器をしたり、撮影中に宿泊していたホテルで騒ぎすぎて怒られたり、SNSでも仲の良い様子が伺えます。

プライベートでの仲の良さも、演技で発揮されているので要注目です。

⑧ 海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は158件のレビューに基づく85%もの前向きなレビューで7.5/10と高評価。

Metacriticでは36件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中67点とこちらは割と平均的。

シカゴ・サンタイムズにてロジャー・エバート氏は4つ星中3つ星半の評価を出しレビューを残しています。

⑨ ウォールフラワーのトリビア

ローガン・ラーマンエマ・ワトソンエズラ・ミラーメイ・ホイットマンは小さい頃から活動してたせいか、プロムを経験したことがないようでスティーブン・チョボスキーはインタビューでプロムや卒業を経験することが当たり前ではなく非常に特別なことだと実感させられたと述べています。

当たり前に多くの人が経験しているようなことを経験していない人たちの中にいることでそういった感情が芽生えたのかもしれません。

⑩ 個人的な感想

原作の著者が脚本、監督を務めるのは非常に稀だと思いますが、スクールカーストに向き合うことの重みなどは自分に置き換えにくい部分もありますけど映画の世界に引き込まれる要素としては演者の自然な演技に尽きます。このストーリーで演じられる数少ないキャストを見事に当て込めているような作品です。

まとめ

「ウォールフラワー」について色々まとめてみました。この作品はTeen Choice Awardsなど実に多くの賞にノミネートされた作品でもありますので、観る価値のある映画だと思います。

Netflixや、Amazonプライムビデオで観られる様なので、気になった方は是非観て頂きたいです。

ウォールフラワー スペシャル・プライス [Blu-ray]

ウォールフラワー スペシャル・プライス [Blu-ray]