マニア10

マニア10は映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューブログです。新作映画や最新の海外ドラマ、また過去の名作などもどんどん取り上げていきます。

【映画】管理人が選ぶ「ゴールデン洋画劇場と言えばこの映画!」名作10作品を一挙ご紹介

【映画】管理人が選ぶ「ゴールデン洋画劇場と言えばこの映画!」名作10作品を一挙ご紹介

ゴールデン洋画劇場と言えば1973年から2003年まで放送されたテレビ映画番組です。

現在は土曜プレミアムとしてたまに映画も放送されていますが、当時は毎週放送されていました。

1980年代から90年代にかけては金曜は現在も放送されている「金曜ロードショー」、土曜は「ゴールデン洋画劇場」、日曜は「日曜洋画劇場」の全盛期とも言えるでしょう。

ゴールデン洋画劇場と言えば高島忠夫さんの解説ですが、病気療養から1998年に一時降板、1999年に復帰するも2001年に正式降板されてしまい、2003年まで特例を除いて解説無しでの放送となってしまいました。

さて、毎週のようにゴールデン洋画劇場を見ていた方にとっては「この映画を初めて見たのはゴールデン洋画劇場だ」という作品が非常に多いと思います。

そんな作品が多いからか「この映画を見ると土曜の夜を思い出す」という作品も多いのではないでしょうか。

そこで私が選んだ「ゴールデン洋画劇場と言えばこの映画!」と思える名作映画を10作品ご紹介いたします。じっくりご覧ください。

↓定額動画配信サービスは利用していますか?

www.mania10.net

管理人が選ぶ「ゴールデン洋画劇場と言えばこの映画!」名作10作品を一挙ご紹介

① ポリス・ストーリー/香港国際警察

香港警察の会議室で、香港最大の麻薬組織を摘発する重要な捜査会議が行なわれていた。ターゲットは、殺人にまで手を染めていたボスのチュウ・タオ。 数日後、チェン・カクー刑事(ジャッキー・チェン)は山奥のスラム街で張り込みをし、チュウの秘書サリナを逮捕した。その隙にチュウに逃げられてしまうも、車でスラム街を突っ切り、途中で乗り捨てて、チュウ一味にジャックされた路線バスを必死に追いかけ、何とかチュウも逮捕することに成功した。

私の中でゴールデン洋画劇場と言えばジャッキー・チェン。

ポリス・ストーリー/香港国際警察は4回放送されていますので、この年代見ていた方たちは1度は見たことがあるかもしれません。

ジャッキー・チェンはシリーズものや続編のある映画はあっても、続編とうたって直接内容が引き継がれているのはこの映画だけではないでしょうか。

② 星の王子 ニューヨークへ行く

豊かな自然と豊富な資源に囲まれたアフリカの王国ザムンダ。21歳の誕生日を迎えたアキーム王子は、未だに何一つ自分で決断させてもらえず、父親のジョフィ・ジャファ国王によって勝手に自分の花嫁を決められてしまう。それに不満を持つ王子は、「自分の伴侶は自分で見つけたい」と花嫁探しの旅に出ることを申し出る。国王はアキームの申し出を「結婚する前に女遊びがしたい」と言っていると解釈し、快く快諾する。

「星の王子 ニューヨークへ行く」エディ・マーフィ主演のコメディ映画。

こちらも4回放送されており、何度も見た記憶があります。

エディ・マーフィと言えば「ビバリーヒルズ・コップ」ですが、日曜洋画劇場でも放送してくれていたので奪い合いになっていた作品のひとつかもしれません。

しかし「星の王子 ニューヨークへ行く」は完全に「ゴールデン洋画劇場」という印象です。

現実的であって非現実的な設定なのに単純明快な内容が非常に面白い映画です。

星の王子ニューヨークへ行く [Blu-ray]

星の王子ニューヨークへ行く [Blu-ray]

www.mania10.net

③ ターミネーター2

1994~95年のロサンゼルス。10年前のサラ・コナーとターミネーターの死闘を知る者は無く、30億人の人命が失われる1997年8月29日に起こり得るスカイネットと人類間の核戦争「審判の日」を記憶するサラは、サイバーダイン社への爆破未遂事件を起こした後、精神病患者として警察病院へ収監され、非人道的な拘束を受けていた。また、カイル・リースとの間に生まれた息子のジョンは養父母の下に引き取られていたが、最終戦争に備えるサラの偏った教育を受けたジョンは子供ながらにハッキングや武器の知識に精通しており、今では母の言動を与太話と断じながら非行に走る日々を送っていた。

「ターミネーター2」は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF映画です。

「ゴールデン洋画劇場」ターミネーターが大好きで、特にターミネーター2は特別編を含め9回も放送しています。

未だに数年に一度放送されている数少ない作品です。

ターミネーターシリーズの中で最も人気が高いので乱発して放送しても視聴率がとれるのかもしれませんね。

ターミネーター2 特別編 アルティメット・エディション [Blu-ray]

ターミネーター2 特別編 アルティメット・エディション [Blu-ray]

④ 摩天楼はバラ色に

マネーゲームに沸く1980年代のアメリカ。ブラントリーは成功を夢見て、カンザス州からニューヨークに出て来たものの、吹き荒れるレバレッジド・バイアウト旋風により内定していた会社が買収されいきなり失職。新しい就職口を探すが、職務経験のないブラントリーを雇ってくれる会社はどこにもなかった。途方に暮れていた彼は母親との電話で、ニューヨークにいる遠縁の叔父の連絡先をもらっていたことを思い出し、彼が経営する大企業ペンローズ社に乗り込み配送係として採用される。

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのヒットで人気があったマイケル・J・フォックス主演の映画。

映画としてはマイケル・J・フォックスだからおもしろい、というのはあるかもしれませんが、未だにたまに見たくなる映画のひとつです。

アクションや刑事もの、SF映画などばかりを見ていた時期に普通の映画を見るのが新鮮だった記憶があります。

摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に  ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]

摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]

⑤ ゴーストバスターズ

ニューヨークのコロンビア大学で超常現象や幽霊・霊体の研究を行っていたピーター・ヴェンクマン博士(ビル・マーレイ)ら冴えない研究者3人。ある日、「経費の無駄遣い」と一方的に研究費を打ち切られ大学を追い出されたことをきっかけに、借金を重ね、科学的に超常現象全般を扱い幽霊退治を行う会社「ゴーストバスターズ」を開業。当初は資金もなく依頼もゼロに近かったが、とあるホテルでの幽霊退治をきっかけにビジネスは大当たり、メディアや行政からも注目視され、多忙になり、新メンバーのウィンストン(アーニー・ハドソン)も加わる。

ビル・マーレイダン・エイクロイドシガニー・ウィーバーも出演していたSFコメディ映画。

80年代の映画はアイデアをストレートにぶつけてくる作品が多いですよね、そんな作品を幼少期に見てしまうとそのインパクトは大きいです。

テレビでこの映画を見て少しトラウマになった記憶があります(笑)。

ゴーストバスターズ 1&2 ツインパック (初回限定生産) [DVD]

ゴーストバスターズ 1&2 ツインパック (初回限定生産) [DVD]

⑥ グレムリン

発明家のランダル・ペルツァーは、セールスのために訪れた街で息子のクリスマスプレゼントを選ぼうと、チャイナタウンの骨董店のドアを訪れた。埃っぽい店の中を物色していると、布で覆われた籠から歌が聞こえてきた。中を覗いたランダルはその生き物をすっかり気に入り、店主に値段を聞くが、店主に「モグワイは売り物ではない」と販売を断られてしまう。しかし店主の孫が、家庭が貧窮していることを理由に逆にモグワイを買って欲しいと告げ、店主に内緒でランダルにモグワイを譲ってくれた。ランダルはモグワイを連れて家路につくのだった。

製作総指揮をスティーヴン・スピルバーグが務めたSFブラックコメディ映画。

脚本を書いたクリス・コロンバスが学生時代に書いたものだそうです。1作目は土曜のイメージなんですが、2作目は日曜のイメージなんですよね。

調べたら2作目の放送は「ゴールデン洋画劇場」は1回、「日曜洋画劇場」は2回でした。

だから日曜のイメージなのかもしれません。

グレムリン 製作30周年記念 1&2パック ブルーレイ版 FR4ME〈フレーム〉仕様(3000セット限定生産)(3枚組) [Blu-ray]

グレムリン 製作30周年記念 1&2パック ブルーレイ版 FR4ME〈フレーム〉仕様(3000セット限定生産)(3枚組) [Blu-ray]

⑦ アルマゲドン

20世紀末、宇宙空間で人工衛星を修理中のスペースシャトル「アトランティス」との交信が、唐突に途絶える。直前の映像を解析した結果、流星雨(Meteor shower)の直撃を受けたと判明。この流星雨は地球の大気圏を突破して、アメリカ東海岸からフィンランドに至る範囲に降り注ぎ、ニューヨークなどの都市に壊滅的打撃を与えた。さらなる調査によって、これはテキサス州の大きさに匹敵する小惑星が、小惑星帯(Asteroid belt)へ衝突したことに伴うもので、しかも問題の小惑星は約18日後に地球へ直撃し、地球環境に致命的打撃を与えバクテリアすら生き残らない死の惑星へ変えてしまうとも判明する。

ブルース・ウィリスベン・アフレック、リヴ・タイラーが出演したSF映画。

不朽の名作と言えるこの作品ですがゴールデン洋画劇場はどこよりも早く2002年に放送しました。

映画館で見逃した作品はレンタルを待つか、テレビ放送を待つかの2択になると思いますが、こちらはテレビ放送を待ってました。

2000年以降はレンタル開始からテレビ放送までの期間が短くなった印象がありますが、同時にコンプライアンスも厳しくなってしまいましたよね。

アルマゲドン [Blu-ray]

アルマゲドン [Blu-ray]

⑧ ゴースト/ニューヨークの幻

舞台はニューヨーク。 温厚誠実な銀行員サム・ウィート(パトリック・スウェイジ)は、陶芸家として成功しつつある最愛の恋人モリー・ジェンセン(デミ・ムーア)と幸せな時間を過ごし、同僚の友人カール・ブルーナー(トニー・ゴールドウィン)とも良好な関係を維持しながら順調に仕事をこなし、平穏な日々を送っていた。

パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグが出演したSF恋愛映画。

恋愛映画なんですが、幼少期に見ていたのでヴィンセント・スキャヴェリ「ここは俺の縄張りだ!!!」ばかりが印象に残っています(笑)。

⑨ 酔拳2

列強進出が著しい清朝末期の広東。酔八仙(酔拳)を会得したものの、酒の勢いで暴走してしまうフェイフォン(ジャッキー・チェン)は、父ケイイン(ティ・ロン)から酔拳の使用を禁じられていた。

ジャッキー・チェンのアクション映画2本目です。

酔拳2は3回放送されていて、当時はジャッキー・チェンの新作は待っていればゴールデン洋画劇場で見られるもの、とまで思っていました。

一方で日曜洋画劇場酔拳2は1度も放送されていません。

これは洋画に拘った結果なのでしょうか。

「洋画」とは厳密に言えば欧米、オーストラリア、ニュージーランドなどで製作された映画を指しますが、ゴールデン洋画劇場は洋画という割には日本映画や香港映画も多く放送されていました。

酔拳2 HDデジタル・リマスター ブルーレイ アルティメット・コレクターズ・エディション (2枚組) [Blu-ray]

酔拳2 HDデジタル・リマスター ブルーレイ アルティメット・コレクターズ・エディション (2枚組) [Blu-ray]

⑩ トゥルーライズ

ハリー・タスカーは、妻・娘と共にロサンゼルスで暮らすコンピュータ会社のセールスマン。だが、彼の本当の姿は、大統領直属の国家保安組織「オメガ・セクター」所属のスパイだった。 彼は、中東で暗躍するテロリストの資金ルート解明という使命を帯び、そのカギを握っているとされる古美術商の女・ジュノに接近する。だが、彼女と行動を共にしていたテログループ"真紅のジハード"のリーダー、アジズはハリーを不審に思い、手下とともに彼の命を狙うが、間一髪でハリーはこれを撃退するもアジズは逃がしてしまう。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画です。ターミネーター同様ジェームズ・キャメロンが脚本・監督を務めています。

アーノルド・シュワルツェネッガーの作品の多くは日曜洋画劇場の印象ですが、ターミネーター2トゥルーライズゴールデン洋画劇場で多く放送されています。

詳しいことはわかりませんがやはり放送権利の奪い合いはあったのでしょうか。

トゥルーライズは過去6回放送されています。

トゥルーライズ [AmazonDVDコレクション]

トゥルーライズ [AmazonDVDコレクション]

まとめと感想

日曜洋画劇場はマニアックな作品もガンガン放送していた印象ですが、ゴールデン洋画劇場は少し偏った傾向にあるようです。

放送回数の確認はコチラのサイトを参考にさせて頂きました。

アトリエうたまる 日本語吹替版データベース

ゴールデン洋画劇場はオープニングが印象強かったですね。

他にもゴールデン洋画劇場といえば「クロコダイル・ダンディー」「プロジェクトA」などまだまだあげるとキリがないですが、もしこの記事をご覧になった方で「ゴールデン洋画劇場と言えばこの映画だ!」というのがありましたら是非コメントお待ちしてます。