マニア10

マニア10は映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューを行っています。新作映画や最新の海外ドラマ、また過去の名作などもどんどん取り上げていきます。基本的に雑記ブログです。

【映画】おすすめ「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のトリビア・あらすじ・キャストなど徹底解説

【映画】おすすめ「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のトリビア・あらすじ・キャストなど徹底解説

ティム・バートンが監督を務め2016年に公開され続編も期待されるエヴァ・グリーン主演の名作「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」

ランサム・リグズの小説「ハヤブサが守る家」を原作としたダーク・ファンタジー映画で、映画化をきっかけとして日本では新訳版も発売されています。

ご存知の方も多いとは思いますが改めてあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントやトリビアなど、その概要をご紹介したいと思います。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」をまだ観たことがない方はこれを機会に是非おすすめしたい映画です。

※なるべくネタバレ回避していますが、あらすじや解説で少しだけ内容に触れている部分もあります。

↓定額動画配信サービスは利用していますか?

www.mania10.net

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のトリビア・あらすじ・キャストなど徹底解説

① ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのあらすじ

www.youtube.com

フロリダ州に住むエイブ・ポートマンは、子供の頃にはモンスターと戦い、第二次世界大戦の間中ウェールズにある「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」が暮らす家で過ごしていたことを、孫のジェイクに何年間も話し続けていた。その家の女主人であるアルマ・ペルグリンは「奇妙なこどもたち」を養っていたが、こどもたちはそれぞれが特殊な能力を持っていたという。

しかし彼は沈没した船の登録証を持ち出し、それを担保に銀行から資金を借り、世界中のあらゆる奇妙なものを展示した「バーナム博物館」をオープンさせる。これまでにないゴージャスなショーを作ろうと考えイギリスから奇跡の声を持つオペラ歌手ジェニー・リンドを連れてアメリカに戻った彼は、各地でショーを開催する。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

② キャスト

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち1

The Peculiar Adults(奇妙な大人)

アルマ・ルフェイ・ペレグリン / エヴァ・グリーン

エイブラハム・"エイブ"・ポートマン / テレンス・スタンプ

エスメラルダ・アヴォセット / ジュディ・デンチ

The Peculiar Children(奇妙なこどもたち)

ジェイコブ・"ジェイク"・ポートマン / エイサ・バターフィールド

エマ・ブルーム / エラ・パーネル

イーノック・オコナー / フィンレイ・マクミラン

オリーヴ・アブロホロス・エレファンタ / ローレン・マクロスティ

ミラード・ナリングス / キャメロン・キング

ブロンウィン・ブラントリー / ピクシー・デイヴィーズ

フィオナ・フラウエンフェルト / ジョージア・ペンバートン

ヒュー・アピストン / マイロ・パーカー

クレア・デンスモア / ラフィエラ・チャップマン

ホレース・ソムナッソン / ヘイデン・キーラー=ストーン

双子 / ジョゼフ & トーマス・オドウェル

ヴィクター・ブラントリー / ルイス・デイヴィソン

The Wights and Hollows(ワイトたちと奇妙でない人々)

バロン / サミュエル・L・ジャクソン

ナンシー・ゴラン / アリソン・ジャニー

ジョン・ラモン / ルパート・エヴェレット

グリーソン / スコット・ハンディ

ミス・エドワーズ / ヘレン・デイ

クラーク / ジャック・ブレイディ

アーチャー / フィリップ・フィルマー

フランクリン・"フランク"・ポートマン / クリス・オダウド

マリアン・ポートマン / キム・ディケンズ

シェリー / オーラン・ジョーンズ

スージー・ポートマン / ジェニファー・ジャラッカス

ボビー / ジョージ・ヴリコス

ジュディ / ブルック・ジェイ・テイラー

③ 豪華実力派キャスト勢ぞろい

アカデミー大物女優ジュディ・デンチをはじめ、サミュエル・L・ジャクソンエヴァ・グリーンなど豪華キャストが集結。

それに加え様々な奇妙なキャラクターを演じる子役ですが、エイサ・バターフィールドをはじめとする今後が楽しみな子役が多数出演しています。

④ 奇妙な子どもたちの活躍にワクワク

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち2

特殊能力を持った子供たちがたくさん登場・活躍する本作。

人とちょっと違う奇妙な彼らですが、特殊能力を使って危機を乗り越えていく姿は可愛く見えてくること間違いないしです。

⑤ 観やすいティム・バートン作品

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち3

ダークファンタジーでティム・バートン作品ということもありクセはありますが、不気味だけど優しさのある世界観で、老若男女楽しめるような観やすい作品となっています。

⑥ 注目の脚本家

大ヒット作品「キック・アス」「キングスマン」を手掛けるジェーン・ゴールドマンが脚本を手がけている本作。

アクションをはじめ、物語構成も凝っていて、ハラハラドキドキするシーン満載で、とっても見応えがあります。

⑦ 心が温まる不思議なホラーファンタジー

世間に認められなくても、他人の目がきつくても、自分の居場所や理解のある仲間と出会い冒険するストーリーになっていて、ぞくっとするシーンもある反面、心が温かくなる映画です。

⑧ 海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は236件のレビューに基づく65%もの前向きなレビューで5.96/10と意外にも低め。

Metacriticでは43件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中57点とこちらも低め。

映画評論家からの批評が非常に割れており、ティム・バートン最高傑作だと言う方もいれば、脚本が慌ただしいと評している方もいるようです。

⑨ ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのトリビア

この作品は出来る限りデジタル効果を少なくすることに努めたそうで、現場で撮影することにこだわったそうです。

また、ジェイクの2回目の訪問で、ミス・ペレグリンとのシーンで流れていたラジオ放送はウィンストン・チャーチル首相による演説です。

総力戦演説は1943年8月31日にカナダから放送され、3日後の正午にイギリス諸島に向けて再放送されています。これは、1943年9月3日の映画のループの日付と一致しています。

⑩ 個人的な感想

ティム・バートンだからこそ表現できる内容の作品だと思いますし、それが映画としての楽しさ・おもしろさを増しています。

登場人物に多さを感じるとうまく詰め込み過ぎてごちゃごちゃしちゃう場合があると思いますが、この映画はうまく散りばめられているので見やすかったですしあっという間です。

まとめ

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」について色々まとめてみましたが、残念ながらHuluでもNetflixでも見つけられませんでしたが、Amazonプライムビデオではレンタルで観られる様なので、気になった方は是非観て頂きたいです。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]