マニア10

マニア10は映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューブログです。新作映画や最新の海外ドラマ、また過去の名作などもどんどん取り上げていきます。

【映画】Netflixおすすめ「エクスティンクション 地球奪還」のあらすじやキャストなど徹底解説

【映画】Netflixおすすめ「エクスティンクション 地球奪還」のあらすじやキャストなど徹底解説

2018年にNetflixで配信された映画「エクスティンクション 地球奪還」は、アントマンでおなじみマイケル・ペーニャ主演のSFスリラー。

異質な敵に人々が襲われて惨殺される悪夢を繰り返し見る主人公が、医者に診てもらうため病院に行ったところ、同じ悪夢を見た男に会って悪夢は真実であると聞かされ行動を起こすというストーリー。

実はこの映画、海外での評価が非常に低いんです。

しかし私を含め、面白いと感じている人もいるようなので、今回は「エクスティンクション 地球奪還」のあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントなど、その概要をご紹介していこうと思います。

※なるべくネタバレ回避しているので誰でもご覧になれると思いますが、あらすじや解説で少しだけ内容に触れている部分もあります。

↓定額動画配信サービスは利用していますか?

www.mania10.net

Netflixおすすめ「エクスティンクション 地球奪還」のあらすじやキャストなど徹底解説

① あらすじ

www.youtube.com

エンジニアのピーターは異質な敵に人々が襲われて惨殺される悪夢を繰り返し見る。悪夢は家族にも悪影響を与え始め、妻のアリスは医者に診てもらうよう求める。仕事でもミスを犯し、上司のデヴィッドから病院を紹介される。職場で悪夢を見て意識を失い、家族との約束をすっぽかす。病院に行ったピーターは、同じ悪夢を見た男に会って悪夢は真実であると聞かされる。ピーターは医者に会わずに帰宅し、途中で望遠鏡を買う。

② キャスト

ピーター / マイケル・ペーニャ

アリス(ピーターの妻) / リジー・キャプラン

デヴィッド(ピーターの上司) / マイク・コルター

ハンナ(ピーターとアリスの娘) / アメリア・クラウチ

ルーシー(ピーターとアリスの娘) / エリカ・トレンブレイ

マイルズ(兵士) / イズラエル・ブルサード

③ ピーター一家

ピーター一家

ピーターの家族は4人。ハンナはどう見てもブルゾンちえみにしか見えません。

一見普通の家族なんですが実は…という大どんでん返しがこの映画の面白い要素になっているんですが、そこがあまりにも大どんでん返しのため拒否反応を起こしてしまう人もいるようです。

④ デヴィッドは敵か味方か?

デヴィッド

デヴィッドはピーターの上司。

悪夢を見続けるピーターに病院を紹介します。

しかしピーターが悪夢を見続ける理由を知っているような描写もあり、最初は敵か味方かわかりません。

後半になればデヴィッドが理解できるようになります。

マーベル好きの人はアントマン出演者とルーク・ケイジが共演してるので違和感があるかもしれませんね。

⑤ マイルズは敵か味方か?

マイルズ

地球にやってきた異星人からの侵略から逃げるピーター一家。

そこでピーターは銃で一人の異星人を倒します。

異星人はマイルズと名乗り、身なりは人間そのもの。

物語の後半までその理由は語られません。

⑥ 脚本はブラックリスト入りされていた

「エクスティンクション 地球奪還」の脚本は2013年にブラックリスト入りされていました。

ブラックリストとは、注目されていない優秀な脚本家を効率的・効果的に発掘することを目的とした映画製作マッチングのプロジェクトのことで、ユーザー登録した脚本家が脚本をアップロードすると、サイト上で一覧表示され、閲覧・評価者は一覧から検索・ダウンロードし、10段階スコアで脚本を評価、脚本に興味を持った閲覧・評価者は脚本家に直接コンタクトし、サイト外で映画化の交渉を進めることができるウェブサイトのこと。

つまり脚本を書いたブラッド・ケインがアップロードして、興味を持った製作者がコンタクトをとって実現されたっていうわけですね。

⑦ 元々マイケル・ペーニャ主演ではなかった

マイケル・ペーニャ

マイケル・ペーニャは代役から主演となりました。

元々主演でオファーを受けていたのはジェームズ・マカヴォイ。

最初に監督として起用されたジョー・ジョンストンが降板して、ベン・ヤングが監督に起用され、その後ジェームズ・マカヴォイも降板してしまい、マイケル・ペーニャが起用されました。

アントマン&ワスプの撮影前にはもう撮り終わっていたようですね。

⑧ 海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)では、今のところ20のレビューがあり、批評家支持率は40%と低め。

レビューによると「エクスティンクションはいくつかの興味深いアイデアを持っているが、映画の混乱したプロットと欲求不満な終わり方。」だと書いてありますね、たしかに急展開のボリュームが少し大きいので置いて行かれるような気分になる人もいるかもしれません。

他にもウェブサイト「Metacritic」には4件のレビューがあり、加重平均値は29/100とこれも低め。

イギリスの大手一般新聞「The Guardian」のジャック・ネヴィンスは本作に5つ星評価で星2つを与え、「映画館の大スクリーンで鑑賞できなくなった結果、本作の欠点はより浮き彫りになり、良い面は弱くなった」と評しています。

スケールが大きいので大画面で見たい作品ではありますが、映画館で見るとまた違うのかもしれません。

⑨ ただの侵略映画ではない

エクスティンクション 地球奪還

「エクスティンクション 地球奪還」は、エイリアンが地球に侵略するようなよくあるSF映画ではありません。

ピーターの見る悪夢がやがて現実となる光景、そして謎の異星人マイルズから明かされる真実。

少なくともそこまで見ないとこの映画は理解できないままになってしまいます。

⑩ 個人的な感想

「エクスティンクション 地球奪還」は、SF映画としては非常におもしろかったです。

そして感情をどこに持っていけばいいのかわからなくなるような映画でもあります。

遠い未来にもし起こりうるとしたら、とそこまで考えられる作品ですね。

まとめ

「エクスティンクション 地球奪還」について色々まとめてみましたが、ご覧になった方の感想は「おもしろい」か「つまらない」の両極端かもしれません。

それでも是非見て頂きたいので今回記事にさせて頂きました。

Netflixでのみ見る事ができるので、まだ契約されていないかたは是非。