マニア10

マニア10は映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューブログです。新作映画や最新の海外ドラマ、また過去の名作などもどんどん取り上げていきます。

【映画】MCU「アントマン」のトリビア・あらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】MCU「アントマン」のトリビア・あらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

2015年にMCUシリーズ12作目として公開された「アントマン」

ポール・ラッド「アントマン」ことスコット・ラングを演じ、MCUにとって重要な位置づけとなっておりフェイズ2からフェイズ3へ進むための伏線が多く張られている作品でもあります。

ご存知の方も多いとは思いますが改めてあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントやトリビアなど、その概要をご紹介したいと思います。

「アントマン」をまだ観たことがない方はこれを機会に是非おすすめしたい映画です。

※なるべくネタバレ回避していますが、あらすじや解説で少しだけ内容に触れている部分もあります。

↓定額動画配信サービスは利用していますか?

www.mania10.net

「アントマン」のトリビア・あらすじ・キャストなど徹底解説

① アントマンのあらすじ

www.youtube.com

ソコヴィアでの戦いから数ヶ月後。3年前に窃盗罪で服役していたスコット・ラングは、無事刑期を終えて出所し、更生を心に誓い再出発するが職に就いても、前科が知られた途端にクビにされたり、離婚した妻とその再婚相手を訪ねても、浴びせられるのは冷たい言葉ばかり。

娘のキャシーが慕ってくれることだけが唯一の救いだが、養育費の未払いを理由に、娘と会うことまで禁止される始末。どん底に追い込まれたスコットは、昔の泥棒仲間のルイス、デイヴ、カートらと合流して再び犯罪の道へと戻ってしまうのだった。

アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

② キャスト

アントマン1

スコット・ラング(アントマン) / ポール・ラッド

ホープ・ヴァン・ダイン(ピム博士の娘) / エヴァンジェリン・リリー

ハンク・ピム(初代アントマン) / マイケル・ダグラス

ダレン・クロス(イエロージャケット) / コリー・ストール

ジム・パクストン / ボビー・カナヴェイル

ルイス / マイケル・ペーニャ

カート / デヴィッド・ダストマルチャン

デイヴ / ティップ・“T.I”・ハリス

マギー・ラング / ジュディ・グリア

キャシー・ラング / アビー・ライダー・フォートソン

③ アリとの友情

アントマン3

ポール・ラッド演じるアントマンのアリたちとのコメディチックなコミュニケーションがこの映画の特徴であり魅力でもあります。

虫が苦手だったり集合体恐怖症の人は見ていられないかもしれませんが、アリと意思疎通ができるアントマンと徐々に仲良くなっていくアリたちやその他昆虫との協力シーンは、迫力満点でオススメです。

④ ほんわか&ジワっとする親子愛

アントマン2

本作で描かれるのは親子愛。犯罪に手を染め、ムショ経験あり、バツイチのダメダメ人間で、世に言うヒーローとは正反対の背景のアントマンですが、そんなこと関係なしに全身でパパへの愛を表現してくれる愛娘のキャシーを守るべく世界まで救っちゃう!というお話です。

娘キャシーを演じるのは当時6歳のアビー・ライダー・フォートソン

俳優でプロデューサーである父親のジョン・フォートソン、女優のクリスティー・リン・スミスを始め、家族みんながテレビドラマや映画関係だそう。

アメリカのコマーシャルにも数多く出演している有名子役です。滅多に会えないパパと会えた時のキャシーの笑顔には瞬殺です。

また、スーツの持ち主でありピム粒子を開発したハンク・ピム博士と、その娘のホープのじわっとくる親子愛も見どころです。

⑤ 魅入ること間違いなしのアクション

小さいながらに器用に敵を倒していくアクションシーンは激アツ。色々なものの大きさという概念がひっくり返り、独自のアクションを見せてくれます。

1.5cmだけではなく、様々なスケールとなって戦うので、その分演じるのも大変なようです。

ポール・ラッドは、「サイズが変わるから、目線をどこに置くかなどは注意して演じたよ。」とインタビューで語っています。

コメディに定評のある彼ですが、アクションシーンに臨むため1年をかけて筋肉トレーニングを重ねたそうで、80%のアクションシーンをみずから演じています。

またアクションシーンはゴジラを、スーツはウルトラマンを参考にしているそうで、特撮を彷彿させるところも満載です。

⑥ ミニサイズの世界観

1.5cm、世界最小ヒーローのアントマン。彼目線だと普段見ている世界が全く違って観え、新しい発見もありワクワクします。

羽アリに乗って移動したり、鍵穴を通ったり…。

特に終盤のキャシーの部屋でのおもちゃの機関車トーマスに襲われたりするアクションを始め、色々なスケールで、日常のものが描かれていて、まるでアトラクションに乗っているかのような新鮮で楽しい映像が楽しめます。

ぜひ、子供や家族と一緒に。

⑦ 意外と専門用語が多い

アントマンになるための技術として、ピム博士が開発したピム粒子という化学物質があります。物質を縮小・拡大させる機能を持つ液体状の化学物質で正確には「原子間の相対距離を操作することで、密度と強度を高める」粒子であるため、質量は変化せず、スーツに実装されています。

これは作品オリジナルのものですが、そこに深く関わってくるのが「量子力学」です。

「量子力学」の概念が強く影響を受けているため「専門的で難しい説明でもあるのかな」と思いきや難しく考えなくともわかりやすく話も進んでいきます。

⑧ 海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は303件のレビューに基づく82%もの前向きなレビューで6.85/10と非常に高評価。

Metacriticでは43件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中64点と割と平均的。

MCUにとって後に重要になってくる要素が含まれた作品のため、そこに注目しがちですが内容もしっかりおもしろいので一般的には良好な評価になっているようですね。

⑨ アントマンのトリビア

「アントマン」は当初、ハンク・ピム博士を主人公にする予定でしたが、脚本や構成を練っていくうちにピム博士のストーリーが家族向けではないと判断し、スコット・ラングを軸に練り直したそうです。

1980年代のフラッシュバックシーンではハンク・ピム博士を演じたマイケル・ダグラスマーティン・ドノヴァンはVFXという技術によって若返っています。マイケル・ダグラスは撮影中に70歳の誕生日を迎えたそうで、アントマンに因んでアリでアイシングで飾られた誕生日ケーキをプレゼントされたそうです。もう70歳なんですね。

⑩ 個人的な感想

スコット・ラングのようなキャラクターもなかなかいませんので、ヒーローものとしても楽しめますし、ホームコメディの要素も感じるのでほのぼのする作品なのでこの世界観の中でサノスのようなキャラクターが登場するとはとても思えない作品です。

まとめ

エンドロールの最後に「アントマンは戻ってくる」とメッセージがある通り、彼は続編の「アントマン&ワスプ」キャプテン・アメリカの3作目にあたる「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」にも登場します。

さらなる活躍と新たな一面が見られる作品となってるので、本作でアントマンの世界観にハマってしまった方は必見です!

「アントマン」について色々まとめてみましたが、続編の「アントマン&ワスプ」についてはこちらも合わせてご覧ください。

www.mania10.net

残念ながらHuluでもNetflixでも見つけられませんでしたが、Amazonプライムビデオではレンタルで観られる様なので、気になった方は是非観て頂きたいです。

アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]