マニア10

マニア10は映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューブログです。新作映画や最新の海外ドラマ、また過去の名作などもどんどん取り上げていきます。

【映画】単発アクションムービーのおすすめ映画人気ランキング10選

【映画】単発アクションムービーのおすすめ映画人気ランキング10選

アクション映画と言ってもジャンルは幅広く、SF、コメディなど多くの要素を含みます。

特に80年代にはアクション映画全盛で多くのアクションスターが誕生しました。これは時代の流れかもしれませんが若手でアクションスターと言われている俳優は非常に少ないのではないでしょうか。

さらにアクション映画はヒットするとシリーズものになりがちで、徐々に大作になっていくため続編のない単発アクション映画は意外と忘れられてしまいます。

特に昨今ではアメコミを原作とした作品が多くヒットしているので、単発アクション映画はあまり目立っていない存在になりつつあります。

アクションスターが出演していない、シリーズものではない、アメコミ原作ではないアクション映画。

おそらく近年公開された映画ではあまり浮かんできませんよね。

そこで今回は2000年以降に公開された単発アクション映画に焦点を当ててランキング形式でおすすめ映画をご紹介したいと思います。

↓定額動画配信サービスは利用していますか?

www.mania10.net

単発アクションムービーのおすすめ映画人気ランキング10選

10位 トレイン・ミッション

2018年公開
リーアム・ニーソン、ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン

会社員で元警官のマイケルが10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされいつものように電車に乗ると、ジョアンナと名乗る女性から話しかけられ、次第に陰謀に巻き込まれるサスペンス・アクション。

リーアム・ニーソンだからおもしろいというのはありますが、後半にかけての畳みかけは十分楽しめるアクション映画だと思います。

トレイン・ミッション Blu-ray

トレイン・ミッション Blu-ray

9位 ヒットマンズ・ボディガード

2017年公開
ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン

ボディガードのマイケルは護衛についていた日本人が暗殺されてしまう過去があり、その後一線を退き、会社社長の護衛をすることで生計を立てていました。

一方国際司法裁判所で裁かれることになっていたベラルーシの独裁者、デュコビッチは罪を立証できる人間を殺していき、最後の一人が凄腕のヒットマンとして知られるキンケイド。

結局マイケルが護衛について裁判所へ向かうっていう話なんですが、2人のやり取りが面白くてアクションシーンも多彩。内容もわかりやすいので気軽に楽しめるアクション映画です。

※この作品はNetflixで視聴可能です。

8位 LUCY/ルーシー

2014年公開
スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン

ごく普通の女性ルーシーがマフィアの闇取引に巻き込まれ、新種の麻薬が入った袋を下腹部に埋め込まれてしまい、運び屋をさせられるはめに。

しかし麻薬を狙う別のマフィアに捕まってしまい、袋が破れ、脳は麻薬の力で覚醒し、超人的な力を発揮していく話。

リュック・ベッソンお得意の女性が主役のアクションで、内容はシンプルで複雑ではないのですが次々と展開されるスピード感が面白い作品です。

LUCY/ルーシー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)

LUCY/ルーシー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)

7位 ラストミッション

2014年公開
ケビン・コスナー、アンバー・ハード、ヘイリー・スタインフェルド

ベテランCIAエージェントのイーサンは任務中に倒れ、脳腫瘍で医師から余命3ヶ月と告げられ、引退して余生を家族と過ごそうとしてたのに延命を可能にする試験薬を餌に仕事を持ちかけられる話。

残念ながら設定は杜撰なので「つまらない」と思う人もいるかもしれませんが、杜撰な作品だからこそアクション映画とも言えると思います。

娘役のヘイリー・スタインフェルドは今や「バンブルビー」で主役を務める程の女優に成長しました。

ラストミッション Blu-ray

ラストミッション Blu-ray

6位 グリーン・ホーネット

2011年公開
セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス

デイリーセンチネル新聞社の若き社長ブリット・リード。彼の隠された姿は犯罪と戦う謎のヒーロー「グリーン・ホーネット」。

昔放送されていたテレビ番組のリメイク作品で、続編も作られず終わりましたがシリーズ化を狙いに行ったような構成が割と楽しめるアクション映画。

当初カトー役には少林サッカーなどで知られるチャウ・シンチーが起用されていたのは驚きですね。

グリーン・ホーネット [Blu-ray]

グリーン・ホーネット [Blu-ray]

5位 イーグル・アイ

2008年公開
シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン

謎の女・アリアの正体は政府が極秘裏に開発した人工知能で、現政府が憲法違反を起こしたと判断して憲法に則り排除しようとする話。

人工知能に追い詰められながらもジェリーとレイチェルは恐怖の逃走行をしますが、SFサスペンス作品とされていますが、海外のウィキペディアではアクションスリラーに位置付けされているのでランクインさせて頂きました。

とにかくおもしろい作品です。

イーグル・アイ [Blu-ray]

イーグル・アイ [Blu-ray]

4位 ハンコック

2008年公開
ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン

続編計画があったにもかかわらず残念ながら中止してしまい単発作品となってしまったアクション映画。

続編がないのでハンコックについての深堀がなされなかったため不明確な点も多々あるんですが、ヒーローになるためのイメージ戦略を持ちかけるという斬新な設定は非常におもしろく、見ごたえのある作品です。

ハンコック スペシャル・エディション [Blu-ray]

ハンコック スペシャル・エディション [Blu-ray]

3位 ウォンテッド

2008年公開
ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン

この映画、主演はジェームズ・マカヴォイですが、アンジェリーナ・ジョリーに完全に食われてますね。

神に代わって「運命の意志」を実践してきた秘密の暗殺組織の中で組織一の殺し屋だった父の跡を継ぎ成長していくウェスリーの話。

アンジェリーナ・ジョリーが死なない結末も描けたかもしれませんが、これっきり感がまた映画の完成度を高めているような作品でもあります。

ウォンテッド [Blu-ray]

ウォンテッド [Blu-ray]

2位 Mr.&Mrs. スミス

2005年公開
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー

結婚して数年経ちマンネリ気味の夫婦が実はお互い対立していた組織の殺し屋で、お互いを殺し合わなくてはいけないという設定が非常におもしろいですね。

また二人のやり取りも非常にコミカルで話のテンポもいいので何度でも見たくなるアクション映画の傑作なんではないでしょうか。

Mr.&Mrs. スミス [Blu-ray]

Mr.&Mrs. スミス [Blu-ray]

1位 インセプション

2010年公開
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット

夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを「盗み出す」仕事をしてきたコブが「植え付ける」というミッションを行う。

もうただのアクション映画じゃないのはあらすじだけでも十分に伝わりますが、夢の世界を映像化ができているという点においては過去類を見ない作品で今後も出てこないであろう作品だと思います。

一見難しい映画なんじゃないかという先入観もあり、意外とまだ見たことがないという人も多いかもしれませんが、見始めたらあっという間なので1位とさせて頂きました。

インセプション [Blu-ray]

インセプション [Blu-ray]

感想とまとめ

ジャンル選別というのは明確ではなく、人によって違うので、選定は慎重に行いましたが、条件を絞るほど出てこないもの。

そしてやはりアクションスターが出演していない、シリーズものではない、アメコミ原作ではないアクション映画が映画市場を占領していることもよくわかりますね。

アクションスターの定義も実は明確ではないので、例えばジェイソン・ステイサムはアクション俳優じゃないと考える人もいれば、アンジェリーナ・ジョリーはアクション女優だって考える人もいるかもしれません。

作品がヒットしてシリーズ化するのもいいとは思いますが、1作のみで有終の美を飾るのもまた映画の形だと思いました。